菜園

ベランダ菜園の様子

ベランダのプランター菜園のバジルと紫蘇が花を咲かせていることはしばらく前に書いた。 全ての植物がそういう訳でもないだろうが、花が咲いたら程なく種が出来るように思っていると決してそんなことはなく、花が咲いてから種になるまでは結構な時間がかかる…

ベランダ菜園の世代交代

日に日に秋が深まり、「秋らしい」気持ちのいい気候が続いている。 少しでも寒ければ「やれ冬だ」と騒ぎ立て、少しでも暑ければ「まだ夏だ」と言うようなバカたちが「秋がなくなった」なんていうバカの上塗りのようなことを言っているのを聞く。 朝は寒く昼…

客に振る舞うもの②

さて、酒を飲み倒す夜が続いたのだけど、後半の連休には九州出身の友人と共に酒を楽しんだ。 散々酒を飲んだ翌日、宿酔に苦しみながらも朝から二人で散歩に出掛けて、ある程度酒も抜けてきたところで食べたスパゲッティバジリコ。バジルペーストのスパゲッテ…

はらぺこあおむしの巣立ち

我が家のはらぺこあおむしはもう一週間ばかり前に蛹になっていた。 当たり前だけど、蛹は何も食べないのだけど、小さかった他の黒虫(まだ緑ではない小さな幼虫)も食欲旺盛に柑橘類の葉っぱを食べまくり、立派な青虫へと育っている。 3日に一度くらい僕は柑橘…

コガネムシの季節

これは今朝、我が家のベランダで撮った写真だ。 こいつが何者なのか?分かる人には分かるだろうし、僕のこのブログなんて「これが分かる人」しか見ていない。 やつが現れたのだ! 僕のウチのベランダには、僕が管理できるキャパシティを超えそうな量のプラン…

消費の仕方が普通ではない

昨日、バジルが花を咲かせたことをこのブログに書いたが、バジルだけでなく僕が多量に食べることの多いベランダ作物について記す。 これは、今朝摘み取った紫蘇の葉である。 今年の紫蘇は第一弾は3月に植えてゴールデンウイークくらいから食べ始めたように思…

最近の菜園

「はらぺこあおむし」が現れたのもベランダでの出来事だが、ベランダの菜園の栽培物も元気に育っている。 ゴールデンウイークに種を撒いたバジルの元気さは以前にもこのブログに書いた。 その後もバジルは全く衰えることもなく、週に一度くらい「香草などで…

はらぺこあおむし

我が家の山椒を本籍地とする青虫のことを、この間から度々記している。 日に日に大きくなる青虫のほかに小さな奴らも数匹いることに気が付いたのだが、とにかく青虫の食欲には驚かされる。まさに「はらぺこあおむし」なのだ。 山椒を少しばかり噛じってみて…

幼虫の成長

我が家の山椒にアゲハ蝶の幼虫が出没したことは既報の通り。 そんな幼虫の様子を毎朝パトロールしているのだが、今朝そいつの姿を見て驚いた。 一晩のうちに、すっかりと緑色の紛うことなき「あおむし」になっていた。根城にしていた中段の山椒の葉っぱをす…

蟲との共生

先日、我が家の山椒の苗にアゲハ蝶の幼虫が現れた。その様子はこちらのブログにも記したとおりである。 https://datetaira.hatenablog.com/entry/2022/09/06/070933 何本かの茎に付いているはずの葉っぱが食い荒らされていることに気が付いて、付近の葉っぱ…

山椒の苗

職場に仲の良い後輩がいる。僕より一回り近く年下の彼女は新入社員のころから近しい部署にいて、もう10年以上の付き合いなのだが、初夏の頃に彼女から山椒の苗をもらった。僕の漬けた青柴漬けをあげたところ彼女の家族(御両親)にも好評で、そのお礼として山…

続 バジルを食べる

2週間前にベランダ菜園のバジルを大量収穫して、バジルペストのスパゲッティにして食べた。このことは一週間前のこのブログに記していた。その後のバジルは僕の予想を遥かに上回って成長していて、ワサワサに葉が茂っている。中心の芽を摘み取り枝葉が育つよ…

バジルを食べる

しばらくベランダ菜園のことを書いていなかったが、菜園は特にトラブルにも巻き込まれず順調について育っている。ゴールデンウイークに種を蒔いたバジルはすくすくと育ち、6月には一度収穫して娘二人とスパゲティーのバジルペースト和え(この食べ物のことは…

【旅の思い出】ものを持ちすぎるということ

息子との二人旅で実家に帰省していた。極力シンプルに暮らすようにしている「平素の僕の生活空間」と違って、実家にはものが溢れんばかりにあり、溢れんばかりというよりも溢れたものに侵食されて本来の生活空間がごちゃごちゃと散らかっている有様だった。 …

最近の出来事

大きな事件とか災害があると仕事も忙しくなるのだが、そんな仕事の忙しさに加えて、とても仲良くしていた後輩(現在は部下)が退職する。夢のない今の会社から同業他社へと転職するのだ。そんな後輩が会社を去る日もいよいよ近付いて来たので、送別会を開いて…

ある意味、いつものことなのだが…。

僕の住む地域は2週間近く前に梅雨が明けた。しかし、そこからの2週間は雨が降る日も多く、その合間に陽が照る日もあり、植物にとっては絶好の天候が続いているように思われる。植物にとっての御飯とでも言う「水と陽射し」がかわりばんこにやってくるのだか…

クレソンという植物について

この春からベランダ菜園でクレソンを育てているのだが、この植物について思うことを書いておく。僕は紛うことない田舎者なのだけど、クレソンという野菜は子供の頃から身近な食物だった。母親は洒落た料理をつくる女ではなかったので、ステーキの付合せにク…

恐ろしい光景

今回も今週の前半に起きた出来事を書く。前回の記事に書いた紫蘇の成長に喜んだ翌日、火曜日の朝の出来事だ。朝の支度を大方済ませてから、僕はだいたい毎日のようにベランダ菜園の様子を見る。水を与えたり、クレソンに次から次へと現れる各種害虫の駆除を…

22年版の野良紫蘇

この一週間はいろいろと面白いこともあったのだけど、なんだか気忙しく過ごしていたので、その都度にブログには記せなかった。今日は週末の金曜日だが、今週の月曜日に取った写真を貼り付けよう。ゴールデンウイークに紫蘇を撒いたところの写真である。4箇所…

ジェノバ風のスパゲッティ

昨夜、スパゲッティジェノベーゼを食べた。この数年、外でスパゲッティを食べていないし、自宅でジェノベーゼを作った記憶もないから、このスパゲッティを食べること自体が数年ぶりのことだった。スパゲッティというものは、そりゃ外の美味しいところで食べ…

アブラムシ退治の顛末

ベランダ菜園の九条葱に大量のアブラムシが涌いたことは少し前にこのブログに記した。化学的な薬品を使いたくなかったので、まずは牛乳を用いたのだが効果は全く無かった。なんでも牛乳が体にかかったアブラムシはその牛乳が乾燥する際に窒息死するようだっ…

損得勘定

6/8 30枚 6/14 15枚 6/19 20枚 6/20 10枚 6/21 30枚 6/22 15枚 6/24 20枚==========================これは一年前の僕が記していた「紫蘇の葉を摘み取った数」である。去年は6月の2週間くらいのうちに140枚の紫蘇を摘み取って、料理に使っていたようだ。何枚…

次から次へと虫が来る

ベランダ菜園の作物たちが健やかに育っているのだが、これにやって来る虫どもが凄いことになっている。クレソンに黒い青虫(黒いので青虫ではないのだが…)が現れたのは一月くらい前のことだった。青々と茂ったクレソンを遠慮食べるこいつらを、毎朝のように見…

家庭菜園のこと

このところ、このブログに家庭菜園のことばかり書いているのだけど、僕の「オープンに出来る楽しみ」の多くが家庭菜園のことなのだから、この偏りも仕方ないと思っていただきたい。ここ最近の食卓には家庭菜園の収穫物がよく上っている。とんでもないほどに…

イタリアンパセリの考察

昨年からプランター菜園でイタリアンパセリを育てている。2年に渡り(なんて言ってもわずか2年のことなのだけど…)イタリアンパセリと接してきて分かったこととか思ったことを書き留めておく。 僕がこの可愛い植物の種を植えたのは一昨年の夏のことだった。イ…

クレソンの成長

ゴールデンウイークが終わると早速雨が降った。天気予報によると、これから一週間は割と雨が降るようだし、今年も去年のように梅雨入りが早くなるかも知れないようなことも言われている。昨夜も雨が降っていたので、ベランダ菜園を雨の当たる場所に移してお…

22年版 シソイッパイニナアレ

先週の金曜日から始まったゴールデンウイークも中盤である。前半は東京に出掛けて息子や友人との邂逅にウエイトを置いて過ごしていた。特別に計画を立てている訳ではないが、残りのゴールデンウイークは普段やり残している事を丁寧にこなして過ごしたいと思…

寒い春

どうもこの春は例年よりも寒いような気がする。今年の気温と例年の平均気温を数値で調べた訳ではないから「そんな印象」なだけなのかも知れないが、そんなふうに感じていることは事実である。春を印象づける出来事のある日に天気が悪く、そして期待していた…

ベランダ菜園における今後の計画

昨日は夏のような暑さだった。 と言っても、暑苦しいような暑さではないから、夏を思わせるような春の暑さだったのだろう。ついこの間まで分厚いヒートテックを着て革ジャンを着ても寒かったりしたのに、カットソーの上にジージャンを羽織ると暑いくらいの気…

植物の成長

暖かな春の日が続いている。 雨が降ると多少気温が下がり肌寒いが、それでも春らしい寒さである。暖かくなると、ベランダ菜園の作物たちの成長にも勢いがつく。パセリの成長はこの間もこのブログに記したが、この春に種を蒔いた紫蘇、九条葱、クレソンも芽を…