客に振る舞うもの

先々週末から度々の連休には、我が家に友達がやって来て酒を飲みながら色々な話をした。

まず、前編の舎弟の来訪については鮎やら蟹をメインにして饗したのだが、この日僕は生まれてはじめて「カツ丼と醤油ラーメン」を一緒に作った。

なぜそんなことをしたのか?という背景には触れないが、とにかく初めての体験だ。

まず、豚カツを揚げて、さくさくしたそいつを出汁で煮てしまうなんて、普段なら勿体無いから絶対しない。さくさくの揚げたてのフライなんて、そのまま熱いうちに食べるのが一番だと思うから。

ラーメンについては麺を打ったりしなかったが、スープは化学的な粉は一切使わずにひたすら出汁をとって作った。分葱はベランダ菜園のもの。

こちらは仕込みに時間はかかるが、その場での調理なんて大した作業ではない。

 

酒に向かう食物

一昨日の昼過ぎ、東京から友人がやって来た。

彼と会うのは去年の夏の18切符旅行で僕が大分を訪れて以来のことだった。

酒飲み二人が会うのだから、主たる目的は共に酒を酌み交わすことであり、そのために僕は前夜酒を飲まずに早くに眠ったりして準備を入念に行った。

人を饗す方法はそれこそ人の数だけあるのだけど、僕は彼を迎えるにあたって「なるべく普段の僕の食卓」に近い普段僕が食べているもので一緒に酒を飲みたいと考えていた。

秋分の日である金曜日は14時頃から飲み始め、深夜の23時頃までよく飲んだ。その献立を記しておく。飲んだ順序に従っての記載なので、重複するものもあるし、何しろ多量の酒を摂取してメモリーポンコツになってきたので漏れもあるかも知れないが、思い出せることを書いておこう。

アイリッシュコーヒー、ビール、ウイスキーソーダ割、青柴漬け、らっきょう、胡瓜の辛子漬け、煮穴子、鮪刺身盛合せ(キハダ鮪、南鮪、芽葱、青紫蘇)、焼海苔、日本酒、熱飯、ウイスキーソーダ割、スモークチーズ、醤油ラーメン、ビール、バジルペーストのスパゲッティ、ビール。

こんなところであろうか?

後半は翌日の午前中に食べたり飲んだりしたものだ。

南鮪や穴子は僕の普段の食卓には登場しない饗し用の御馳走献立である。それ以外は特になんと言うこともなく僕の食卓に出てくるものだ。

やって来た友人について僕は「漬物やら佃煮みたいな渋めのものはそんなに好きではなく、唐揚げやら串焼きで酒を飲むのが好きな男」と認識していた。

これは間違ってはいないのだけど、一昨日は存外に「我が家の渋いやつら」をよろこんで食べてくれていた。

彼の弁を借りると「全てが酒に向かう味。酒をとにかく美味く飲むために隙がない味だ。」とのことだった。僕に気を遣ってそう言ってくれているように思ったので何度も問いただしたが、彼の食べっぷりと喜び方はお世辞ではない様子だった。

楽しく過ごしていると、いちいちその写真を撮っている場合でないくらいにその時間に没頭することも多い。一昨日の料理は僕は写真に撮っていない。

これは食べきらずに残していた刺身の写真だし、これは「平素の酒に向かうなんと言うこともないもの」ではないが、一昨日の楽しさを思い出させてくれる料理である。

燻製を続ける

一昨日のこのブログに燻製のことを書いたのだが、その後の燻製のことを記す。

なので、これは一昨日の夜から昨日の朝にかけての出来事であり、はらぺこあおむし1号の羽化以前のことだ。

熱の入りにくい大きな燻煙器を作るのが面倒になり、燻製はおしまい…としていたのだが「面倒くさがるなんて言語道断!」という気持ちの方が勝り、一回り大きな燻煙器を作って一晩、追加で燻したのだった。

結果、チーズは色濃く仕上がり、香りも抜群のものとなった。これから冬にかけて食べていくのが楽しみである。

はらぺこあおむしの巣立ち

我が家のはらぺこあおむしはもう一週間ばかり前に蛹になっていた。

当たり前だけど、蛹は何も食べないのだけど、小さかった他の黒虫(まだ緑ではない小さな幼虫)も食欲旺盛に柑橘類の葉っぱを食べまくり、立派な青虫へと育っている。

3日に一度くらい僕は柑橘類の葉っぱを採取に出かけているが、鉢植え程度の大きさの柑橘に木であれば、数匹の青虫に襲われただけでも葉っぱをまるはだかに食い尽くされてしまい、簡単に枯れてしまうのだろう。

さて、そんな青虫たちの長兄となる蛹が遂に羽化した。昨日の出来事だ。

朝、その様子を見た時には、なんだか蛹の先端の方の色が少しだけ茶色くなっているように思えた。羽化する時期もそろそろなのか?と少しは考えたのだけど、まだ数日先だろうと思っていた。

そして、帰宅して見てみると蛹は既に羽化を済ませていた。

紛うことなきアゲハ蝶で鮮やかな羽の模様である。昼間のうちに羽化したアゲハ蝶は弟や妹にあたる青虫たちのある虫籠の中で大人しく過ごしていた。

今夜からは雨が降る。そして台風の影響で明日も明後日も天気予報は雨だ。なにもこんな日に羽化しなくてもいいのに…。狭いところから広々とした空に出ていっても早速の雨は辛いぞ…。

そんなことを思ったりしたが、羽化してしまったものは仕方ない。そしてまだ、雨は降り出していない。子供の頃、夏の夜にカブトムシを捕まえに森に出かけたりしていたが、真っ暗な中でもクヌギの木には蝶が集まったりもしていた。きっと蝶は夜行性なのだろう。

今、飛び立てば、雨の振らないうちに少しでも安全な場所を見つけて根城を探すことも出来るだろう。

そんな思いから、我が家のアゲハ蝶となった青虫1号の巣立ちを見送った。大飯食らいだった青虫1号も「きらびやかな夜の蝶」となり世の中へと旅立つ。無事、しあわせに過ごして欲しい。

2022年 初秋の燻製

急に秋めいて来た夜に燻製を仕込んでおいた。

昨夜の出来事である。

自家製のビンボーダンボール燻煙器で一夜燻したチーズがこちらだ。

写真には撮っていないが、だいぶ涼しくなって来たとは言えまだ寒い程ではないので、チーズの裏側は熱によって柔らかくなったものがその自重とによって金網にがっしりと食い込んでいた。

本当は、もう一夜しっかりと燻して濃い茶色になったものの方が圧倒的に美味しいのだけど、それは止めておくことにした。

僕のダンボール燻煙器が小さいことが原因なのだけど、これ以上チーズに熱を入れたくないからだ。

大きなダンボールで燻製すれば熱は分散されてチーズに煙だけあたって熱による軟化は防ぐことが出来る。そんなことがわかっているのだから、そうすればいいのだろうけど、この量のスモークチーズのためにそんなことをわざわざするのも億劫に感じられた。

コガネムシの季節

これは今朝、我が家のベランダで撮った写真だ。

こいつが何者なのか?分かる人には分かるだろうし、僕のこのブログなんて「これが分かる人」しか見ていない。

やつが現れたのだ!

 

僕のウチのベランダには、僕が管理できるキャパシティを超えそうな量のプランターがあるのだけど、そのうちの一つで僕は「我流での土再生」に取り組んでいた。

「土再生」なんて言うとカッコいいが、なんていうことはない、作物を植えてそいつが枯れてゲゾゲソになった砂利のような土に肥料なんかを混ぜ込んで「再びベランダ菜園に使えるプランター」にするだけの作業に過ぎない。

僕が定期的に野菜を買いに行く農協には肥料も売られている。市販のものと比べると比較にならないくらいに安い。僕はそこで牛糞堆肥とか腐葉土を安価に仕入れてきて、パサパサの土にそれらを混ぜ込むだけなのだけど、最近は出汁を取ったあとの鰹節とか鯖節の出し殻を混ぜたりするし、ベランダ菜園の紫蘇やらバジルの落葉も混ぜ込んで放置している。

そんな自家製堆肥土を時折、混ぜ返してみたり過剰な瑞を与えて発酵を促したりしているのだけど、そんな「混ぜ返し作業」をしていたらアイツが土の中から出てきたのだ。

 

植物の根っことか食物にして育つコガネムシは、何を狙ってまだ何も植えていない「再生土のプランター」に生まれてきたのだろうか?

彼の出生について疑問に思いつつも、僕と僕のプランターにとっては「単なる害虫」でしかないのだから、早速割り箸でつまみ上げてベランダから遥か遠くへとブン投げておいた。