生活

昨夜の献立

備忘録として■青柴漬 ■胡瓜の辛子漬 ■トマト ■鰹の塩たたき ■茹で枝豆 ■夏野菜の豚しゃぶ ■中華蕎麦と偽物シナチク ■佐藤錦とアメリカンチェリー

梅雨が明けたような暑さ

梅雨が明けたのではないかと思う程、朝から日が照っていてるが、湿度も高くて梅雨と夏の間の子のような気候だ。紫蘇の成長やらコガネムシの襲来やら、色々あった一週間だったが週の半ばには末娘が誕生日を迎えた。もう14歳である。今日はその祝宴のために朝…

その土地の料理とかけ離れること

一昨日、娘ふたりと一緒にスパゲッティを作ったのだが、それをきっかけに一つ面白いことを知ったので記しておく。 世に言う「ジェノベーゼ」を作ったのだけど、娘たちは言葉を聞いただけではそれがどんな食物なのかを想像出来なかった。「ジェノバ風のやつだ…

シナチク作りに挑む

去年の夏前くらいのことだが、その頃の僕は自作の中華蕎麦を人に振る舞うのが好きだった。これは「今では嫌いになった」という訳ではないのだが、この半年くらいは中華そばを振る舞うことも滅多にない。その当時、「この中華そばに美味しいシナチクが乗って…

家庭菜園のこと

このところ、このブログに家庭菜園のことばかり書いているのだけど、僕の「オープンに出来る楽しみ」の多くが家庭菜園のことなのだから、この偏りも仕方ないと思っていただきたい。ここ最近の食卓には家庭菜園の収穫物がよく上っている。とんでもないほどに…

雨の休日

「雨の休日」というタイトルでこのブログを過去にも数度書いたことがあるように思う。この週末は曇りだと思っていて、気持ちの良い初夏の気候など端から期待していなかったのだが、朝から雨が降っていた。ゴールデンウイークに農協に出掛けてから数週間、僕…

永谷園という馬鹿会社

5月の中旬に「お茶漬けの日」なんてものが勝手に作られていて、それが一企業の単なる販促活動にだけ利用されていることは去年このブログにも書いた。今年はゴールデンウイークに近所のドラッグストアに行くと、わざわざ「お茶漬けの日を知らせる電子広告」ま…

クレソンの成長

ゴールデンウイークが終わると早速雨が降った。天気予報によると、これから一週間は割と雨が降るようだし、今年も去年のように梅雨入りが早くなるかも知れないようなことも言われている。昨夜も雨が降っていたので、ベランダ菜園を雨の当たる場所に移してお…

さて、ゴールデンウイークも終わる。

途中、カレンダー通りに過ごしていたので仕事をしていたりもしていたが、長い休暇が終わる。このあとは長い休暇など夏休みまでないから「ロングバージョン」に「ロング・グッドバイ」なのである。トレンディドラマとハードボイルドを混ぜたアホのような感想…

ゴールデンウイークの混雑

今朝テレビを見たら「数年ぶりの規制のないゴールデンウイークで、観光地がごった返している」というような特集をやっていた。まとめて休みが取れて、どこかへ出掛けて遊ぼうと思う気持ちは分かるが、テレビを見ていると馬鹿ばかりが各々の意見を言っていた…

休みのうちにやっておくこと

メモである。①部屋の掃除 ②冬物衣類を片付ける ③プランターの増設 ④そこらに種を蒔く ⑤ラッパの練習 ⑥ソロを書き起こす ⑦革ジャンと革靴の手入れ ⑧読んでいない本を読む ⑨昆布を炊く ⑩漬物を漬ける 11】カレーのペーストを作る 12】あんこを使い切る ゴール…

寒い春

どうもこの春は例年よりも寒いような気がする。今年の気温と例年の平均気温を数値で調べた訳ではないから「そんな印象」なだけなのかも知れないが、そんなふうに感じていることは事実である。春を印象づける出来事のある日に天気が悪く、そして期待していた…

農協の野菜

一昨日、昨日は東京に行っていたのだが、土産として農協の野菜を買って行った。農協で買う野菜は安い。しかし、魅力はその価格だけだなくむしろ新鮮さの方にある。市場を経由せずに農家からダイレクトに販売店にやって来るので2〜3日の差がある。そんないい…

昼食のこと

季節感を感じるものを食べて生活していたいと思っているから、それなりに季節のものを食べる。 僕が中学生の頃には「貧乏家庭はエンゲル係数が高い」と習っていたが、現在の貧乏家庭はエンゲル係数が低いという見方もあるようだ。欧米での見方の一つのようだ…

生活道具としての文化鍋

このブログに2年間以上、日々の暮らしの中で思うことを書いていると「僕の思うことなんて、同じようなことのループなのだな」と思う。生活全般についてだいたい書いているのだけど、本当に極個人的なこととか、イライラした政治やら行政についてのこととか、…

好きな食物について

今朝、久しぶりに刺身の茶漬けを食べた。この「刺身の茶漬け」という食物のことを僕がどれ程好きか、そしてそれは「茶漬けではなくて湯漬けである」ということを何度もこのブログに書いたように思う。 昨日はニベを買ってきて、夜はそいつの刺身で酒を飲んだ…

贅沢を覚えること

今は月曜日の夜で、僕は先週の土曜日の朝早くから、息子の一人暮らしの手伝いに出掛けていた。大学の入学金やら下宿を借りる費用とか、これから揃える家財道具のために、金など幾らあっても足りない。まあ、これは僕の収入レベルでの「幾らあっても」という…

3月も去り、今年度も終わる。

タイトルの通り、今日で3月も終わる。今年度も終わるし、今年が始まって既に4分の1が経過することになる。そして僕は今月48歳になった。早い、早過ぎる。 この一年間、浪人をしていた愚息も遂にウチを出て念願の一人暮らしを始める。彼の新生活準備について…

2022年の桜

このブログに「加齢による疲労」のことを続けざまに書いたのだけど、そんな疲れも一つの要因となって「ブログに書いていない日常のこと」か増えている。何を書いて何を書かなくてもそれは僕の自由だし、別にこのブログを楽しみにしている人など僅かなのだか…

続 加齢

前回のブログに続き、加齢について書き留める。バンドとジージャンと地震……「部屋とYシャツと私」ではないが、そんな3点セットによる疲労をようやく取り去った連休明けの夜、僕は職場の送別会に参加していた。7名での会食であるが、これ程の人数で酒を飲むの…

加齢

先々週、初めてのバンド練習に参加したことはこちらのブログにも記したとおり。あまりにも久しぶりとなる楽器の練習は予想を遥かに上回って疲れるものだった。 そんな初練習と時期を同じくして、僕はジージャンをカッコよくエイジングさせるためにパリッと糊…

家を出る時の思い出①

浪人をしていた愚息の進学が決まった。世間一般的にはめでたいことだし、我が家においてもめでたいことである。愚息の努力は充分ではなかったのだろう。一番志望の進学先ではないが、それなりに納得のいく結果だった。しかし、あらためて息子が一人暮らしを…

2022年 冬の漬物

僕の生活において漬物を漬けて食べるという行為は大きな地位を占める。だからと言って、何をさておいても漬物作りを優先することなど無いし、食卓に漬物が無いと絶対に駄目なんてことはない。ここ最近で言うと、娘との勉強や息子の生活準備やラッパの練習の…

とりあえずサクラサク

昨日の記事と変わらないような画像を載せるのだけど、意味合いの違うサクラである。 浪人生の息子はなんとか志望校の一つから合格を貰った。入学金とか新生活のことを考えると色々と入り用になるためうんざりとするのだけど、息子がそれなりに目的達成したの…

暦の上では春であるが…。

毎年のことだけど、そして冬から春への切り替わりの時期だけではないのだが、立春を迎えて既に春は訪れている。昼間に陽が高く登っている時には春らしさを感じる瞬間もあるのだけど、やはり2月というのは寒い月である。12月の寒さなんて比べ物にならないし、…

トランペットを吹く

このブログにはあまり書いたこともないのだけど、僕はトランペッターだ。「トランペッター」なんて言ったところで、僕は別にトランペットを巧く吹けるわけでもないし、そもそも長いことトランペットを吹いていない。随分と昔にトランペットを吹くことが好き…

「末娘の夢」の続報

今日(2/1【火】)も退社後は末娘と勉強していた。夜の7時くらいからの勉強であるが、昨日手に入れたフランスパンを見つけた娘は色めき立っていた。そんな彼女は「今夜、このフランスパンを食べたい!」と言っていたのだけど、なんやかんやあってフランスパン…

【勉強をする】中学生と社会人

昨年の12月から始めた「娘との勉強」も順調に続いている。1月中旬に行われた学力調査試験の結果も「娘にとってはそれなりによく出来た」ものだったので、本人も勉強のやりがいを感じ始めているようだ。来月の頭には学校の試験もあるので、今度はそこに向け…

北風小僧の寒太郎

去年の冬も「北風小僧の寒太郎」のことをこのブログに書いた覚えがある。見返してみると、1/31のことだった。2年も続けて同じようなをことを書く気はないのだけど、今年も「北風小僧の寒太郎」を聴いた。昨夜の出来事だが、僕は末娘と一緒に夕食を食べていた…

寒い夜に見たテレビ

今日は寒い日だった。僕の住む地域はとても暖かい町だし、そのお陰で「気候のヌルさ故、気の抜けた冬を過ごすことになる」みたいなことは何度かこのブログにも書いているように思う。今夜は寒いなあ…なんて思って気温を見てみたが、外気温は4℃くらいのようだ…