食べること

今年もカツオの塩たたきを食べる

一昨年の夏の旅で高知を訪れた。いい街だったので二泊して高知市内をチャリンコで走り回り、高知という町のことも結構分かったつもりでいる。ただ、その街のことなんて旅行で数日住んで感じることと住んでみて感じることは全く別物なので、僕の知る高知はあ…

凄い馬鹿を見つけた!

スパゲッティの乾麺というものは、安く買おうと思えば結構簡単に安いものを見つけられる。学生の頃にご飯を炊いておかずを支度するよりも、スパゲッティの方が安価に一食を作れることに気が付いた。栄養バランスとか季節感とか酒が飲めるかどうかというのは…

昨夜の献立

備忘録として■青柴漬 ■胡瓜の辛子漬 ■トマト ■鰹の塩たたき ■茹で枝豆 ■夏野菜の豚しゃぶ ■中華蕎麦と偽物シナチク ■佐藤錦とアメリカンチェリー

偽物シナチクのその後

数週間前に気合を入れて竹の採取から取り組んだ「モノホンのシナチク」は今日も乳酸発酵を無事に続けていることだろうと思う。そいつとは別物の「偽物シナチク」の経過というか、その後について書く。 竹ではなく筍で仕込んだ「そもそも間違っているシナチク…

負うた子に教えられて浅瀬を渡る

タイトルほど大袈裟なものでもないのだけど、今日はそんな風に感じたことを記しておく。 昨年一年前、穀潰しの浪人生活を楽しんだ息子はこの春からなんとか大学に進学しウチを旅立った。僕よりも年上、築50年くらいのボロいけど快適そうなアパートで一人暮ら…

その土地の料理とかけ離れること

一昨日、娘ふたりと一緒にスパゲッティを作ったのだが、それをきっかけに一つ面白いことを知ったので記しておく。 世に言う「ジェノベーゼ」を作ったのだけど、娘たちは言葉を聞いただけではそれがどんな食物なのかを想像出来なかった。「ジェノバ風のやつだ…

ジェノバ風のスパゲッティ

昨夜、スパゲッティジェノベーゼを食べた。この数年、外でスパゲッティを食べていないし、自宅でジェノベーゼを作った記憶もないから、このスパゲッティを食べること自体が数年ぶりのことだった。スパゲッティというものは、そりゃ外の美味しいところで食べ…

損得勘定

6/8 30枚 6/14 15枚 6/19 20枚 6/20 10枚 6/21 30枚 6/22 15枚 6/24 20枚==========================これは一年前の僕が記していた「紫蘇の葉を摘み取った数」である。去年は6月の2週間くらいのうちに140枚の紫蘇を摘み取って、料理に使っていたようだ。何枚…

シャブ漬け調味料

少し前に僕のスマホがとある記事を薦めてきた。「ツナマヨネーズおにぎり」にとあるものを足すと物凄く美味しくなる!という記事だ。 ツナマヨネーズのおにぎりはクラシカルな具材から見れば亜流の新参者だけど、確かに美味しい。世の中に普通に出回るように…

続 シナチク作り

シナチク作りの続きを記す。僕は「竹を発酵加工してラーメンとかに乗せて食べるもの」をシナチクと呼ぶ。そのほうがなんだか中華エキゾチックで美味しいもののように感じるからだ。正しいのかどうか疑問に思うが、広義では「シナチクと称さずにメンマと言い…

第一弾のシナチク作りについて

先週、かれこれ10日ばかり前になるがシナチク作りを始めた。これは製法を大きく間違っていた事に気が付いた為、早々に正しい作り方のものを第二弾として仕込んだので、急遽開発援助を止められた「幻の第一弾シナチク」ということになる。シナチクの材料は「…

永谷園という馬鹿会社

5月の中旬に「お茶漬けの日」なんてものが勝手に作られていて、それが一企業の単なる販促活動にだけ利用されていることは去年このブログにも書いた。今年はゴールデンウイークに近所のドラッグストアに行くと、わざわざ「お茶漬けの日を知らせる電子広告」ま…

ついに春が去る

端午の節句が終わり、八十八夜も終わり、世の中は初夏を迎えている(はずだと思う)。過ごしやすく気候のイイ日が続いているが、このところ雨も増えてきた。徐々に夏が近づいていることを肌で感じる。そんな状況において「春が去る」という記事を書くのものも…

豆ごはんの不人気ぶり

少し前のことだけど、今年も豆ごはんを炊いた。大した手間のかかるものでもないが、子供の頃から好きで、やはり春の終わりになると「これを食べておかなければ、夏を迎える訳にもいかんだろう…。」と思うような食物なのである。長女も豆ごはんが好きなので、…

春と夏の狭間の御馳走

昨夜は娘たちと食事を摂った。春の終わりの御馳走としてタラの芽の天婦羅を食べさせることを主眼においたのだが、この他にもあれを食べさせてあれも…なんて思っていると、あっという間に晩春と初夏のオールスター食卓のようになった。 楽しい時を過ごしてい…

農協の野菜

一昨日、昨日は東京に行っていたのだが、土産として農協の野菜を買って行った。農協で買う野菜は安い。しかし、魅力はその価格だけだなくむしろ新鮮さの方にある。市場を経由せずに農家からダイレクトに販売店にやって来るので2〜3日の差がある。そんないい…

久しぶりにマズいものを食べた。

ゴールデンウイークが始まって、早速東京に出掛けた。目的は息子の下宿に本棚を設置して下宿設備を完了させることと、息子の下宿で友人を交えて食事をするためだ。下宿の様子やこの日の食事のことはまた別の機会に記すかと思うのだけど、今日は久しぶりにマ…

春らしいものを食べる

筍と山椒、いや、山椒の葉を美味しく食べる為にたけのこも一緒に食べる感覚。そして、辛味が鼻に抜ける山葵。これを上回る春の味はすぐには思いつかない。

昼食のこと

季節感を感じるものを食べて生活していたいと思っているから、それなりに季節のものを食べる。 僕が中学生の頃には「貧乏家庭はエンゲル係数が高い」と習っていたが、現在の貧乏家庭はエンゲル係数が低いという見方もあるようだ。欧米での見方の一つのようだ…

生活道具としての文化鍋

このブログに2年間以上、日々の暮らしの中で思うことを書いていると「僕の思うことなんて、同じようなことのループなのだな」と思う。生活全般についてだいたい書いているのだけど、本当に極個人的なこととか、イライラした政治やら行政についてのこととか、…

ベランダ菜園のパセリを食べる

ゴールデンウィークが来たかと思うような爽やかな気候だ。午後になって陽が入らなくなった僕の部屋は少し涼しいが、窓から入ってくる風が気持ちいい。実はこの春に買った青春18切符が一回分余っていて、更には今日が使用期限の最終日なので、最後の18切符を…

好きな食物について

今朝、久しぶりに刺身の茶漬けを食べた。この「刺身の茶漬け」という食物のことを僕がどれ程好きか、そしてそれは「茶漬けではなくて湯漬けである」ということを何度もこのブログに書いたように思う。 昨日はニベを買ってきて、夜はそいつの刺身で酒を飲んだ…

バーボンを飲む夜

普段、だいたい酒を飲む夜を過ごすことが多い。 週に2日、出来れば3日は休肝日を作ったほうが体にも良いし、何よりも「飲む日の酒の美味さ」が上昇するのだ!と思っているのだけど、今年は冬になってからはすっかりと酒をやめられない日が続いている。 意図…

豆を噛み鰯を食べる

節分の今日は「会社帰りに鰯を買って帰るか!」なんて思っていたのだが、帰り際に面倒な仕事が舞い込んだ。その処理を先送りにすることも出来ないのでそいつを片付けていたら、とうにスーパーの営業時間は過ぎてしまった。 帰宅して、数日前に買っていた豆と…

「末娘の夢」の続報

今日(2/1【火】)も退社後は末娘と勉強していた。夜の7時くらいからの勉強であるが、昨日手に入れたフランスパンを見つけた娘は色めき立っていた。そんな彼女は「今夜、このフランスパンを食べたい!」と言っていたのだけど、なんやかんやあってフランスパン…

末娘の細やかな夢

中学生の末娘と一緒に勉強をしていることは、もう何度もこのブログに書いた。ブログには別のことも書きたいとも思うのだけど、このところの時間の使い方が「中学生勉強」に傾倒しているので仕方ないのだ。 さて、娘と一緒に勉強をしていると「勉強以外の話」…

トンカツ屋に行く

2022年が始まって既に3週間が過ぎた。正月の楽しい気持ちなんてものはとうになくなっているのだけど、まだ「今年は始まったばかりだ」という気持ちは残っている。年が明けてから、「今年はちゃんと取り組むぞ!」と思っていた「なんと言うこともないオカズ作…

「けんちょう」について②

前回に続いて、冬の味覚「けんちょう」について記す。 大晦日に娘と一緒にけんちょうを作った。これは「娘が学校で育てた大根を調理実習のように料理しよう」という課題が出ていたので、僕だけではなく娘も好きな大根料理として「けんちょう」を作ったのだ。…

【2021年を振り返る】酒について

今年も残すところ、今夜と明日の2日になった。クリスマスから長期休暇をとっている。 折角のまとまった休みなので旅行にでも出掛けよう…そんなことを秋ごろまでは考えていた。この夏に出掛けた旅がとても印象深かったためであろう。去年の冬の休暇は掃除をし…

【2021年を振り返る】調味料

今年も残すところあと少しになった。 今夜を含めて4日眠ると2022年である。このあたりで今年を振り返ってみて、感じたことや思うことを纏めておきたい。今日は「調味料」について記しておく。今年、僕が新たに取り組んだことやら、今まで通りの生活であって…