6月も終わる

過去にも同じようなことをこのブログに書いているのだけど、2022年も半分が終わる。ここでこの一年の途中反省をしておこう。 僕もおっさんになってきてから、いろいろな物事を計画的に進められるようになってきた。生活の知恵が付いてきたとも言えそうだが、…

今年もカツオの塩たたきを食べる

一昨年の夏の旅で高知を訪れた。いい街だったので二泊して高知市内をチャリンコで走り回り、高知という町のことも結構分かったつもりでいる。ただ、その街のことなんて旅行で数日住んで感じることと住んでみて感じることは全く別物なので、僕の知る高知はあ…

凄い馬鹿を見つけた!

スパゲッティの乾麺というものは、安く買おうと思えば結構簡単に安いものを見つけられる。学生の頃にご飯を炊いておかずを支度するよりも、スパゲッティの方が安価に一食を作れることに気が付いた。栄養バランスとか季節感とか酒が飲めるかどうかというのは…

昨夜の献立

備忘録として■青柴漬 ■胡瓜の辛子漬 ■トマト ■鰹の塩たたき ■茹で枝豆 ■夏野菜の豚しゃぶ ■中華蕎麦と偽物シナチク ■佐藤錦とアメリカンチェリー

偽物シナチクのその後

数週間前に気合を入れて竹の採取から取り組んだ「モノホンのシナチク」は今日も乳酸発酵を無事に続けていることだろうと思う。そいつとは別物の「偽物シナチク」の経過というか、その後について書く。 竹ではなく筍で仕込んだ「そもそも間違っているシナチク…

梅雨が明けたような暑さ

梅雨が明けたのではないかと思う程、朝から日が照っていてるが、湿度も高くて梅雨と夏の間の子のような気候だ。紫蘇の成長やらコガネムシの襲来やら、色々あった一週間だったが週の半ばには末娘が誕生日を迎えた。もう14歳である。今日はその祝宴のために朝…

恐ろしい光景

今回も今週の前半に起きた出来事を書く。前回の記事に書いた紫蘇の成長に喜んだ翌日、火曜日の朝の出来事だ。朝の支度を大方済ませてから、僕はだいたい毎日のようにベランダ菜園の様子を見る。水を与えたり、クレソンに次から次へと現れる各種害虫の駆除を…

22年版の野良紫蘇

この一週間はいろいろと面白いこともあったのだけど、なんだか気忙しく過ごしていたので、その都度にブログには記せなかった。今日は週末の金曜日だが、今週の月曜日に取った写真を貼り付けよう。ゴールデンウイークに紫蘇を撒いたところの写真である。4箇所…

負うた子に教えられて浅瀬を渡る

タイトルほど大袈裟なものでもないのだけど、今日はそんな風に感じたことを記しておく。 昨年一年前、穀潰しの浪人生活を楽しんだ息子はこの春からなんとか大学に進学しウチを旅立った。僕よりも年上、築50年くらいのボロいけど快適そうなアパートで一人暮ら…

梅を漬ける

今年も梅雨になり、梅を漬け込む時期となった。僕が初めて梅干を作ったのは一昨年のことだから、今年で3度目のことになる。基本的に年に一度漬けるだけだから「まだたったの3回目」だし、僕が死ぬまでに梅の漬ける回数もそんなに多くはない。これは白菜漬け…

シナチク作りの経過報告

3週間くらい前から正調のシナチク作りに取り組んでいるのだが、その途中経過を記しておく。樽に入れて2週間、ベランダの片隅に放っておいた竹としては無事に乳酸発酵を続けているようだ。重石の下では竹たちが乳酸発酵により繊維を破壊されアクを抜かれ、香…

梅雨入り

関東地方は早くに梅雨入りしていたが、僕の住む地方も先日、梅雨入りした。梅雨入りの前日、僕はスーパーで30%引きになった梅を見つけた。すでに青梅ではなく、追熟してきて黄色くなったものだ。そろそろ梅雨に入る頃だし、今年も梅を漬けなくてはな…。あま…

その土地の料理とかけ離れること

一昨日、娘ふたりと一緒にスパゲッティを作ったのだが、それをきっかけに一つ面白いことを知ったので記しておく。 世に言う「ジェノベーゼ」を作ったのだけど、娘たちは言葉を聞いただけではそれがどんな食物なのかを想像出来なかった。「ジェノバ風のやつだ…

ジェノバ風のスパゲッティ

昨夜、スパゲッティジェノベーゼを食べた。この数年、外でスパゲッティを食べていないし、自宅でジェノベーゼを作った記憶もないから、このスパゲッティを食べること自体が数年ぶりのことだった。スパゲッティというものは、そりゃ外の美味しいところで食べ…

アブラムシ退治の顛末

ベランダ菜園の九条葱に大量のアブラムシが涌いたことは少し前にこのブログに記した。化学的な薬品を使いたくなかったので、まずは牛乳を用いたのだが効果は全く無かった。なんでも牛乳が体にかかったアブラムシはその牛乳が乾燥する際に窒息死するようだっ…

損得勘定

6/8 30枚 6/14 15枚 6/19 20枚 6/20 10枚 6/21 30枚 6/22 15枚 6/24 20枚==========================これは一年前の僕が記していた「紫蘇の葉を摘み取った数」である。去年は6月の2週間くらいのうちに140枚の紫蘇を摘み取って、料理に使っていたようだ。何枚…

梅雨のような休日

先週の土日は市民楽団のライブで忙しく過ごしていたので、新鮮な野菜の買い出しには出掛けていない。昨日の夜から雨が降っていて、明け方には止んだようだ。今日は一日雨が降り続けるものだと思っていたので、朝のうちに野菜を買ってくることにした。 4月か…

シャブ漬け調味料

少し前に僕のスマホがとある記事を薦めてきた。「ツナマヨネーズおにぎり」にとあるものを足すと物凄く美味しくなる!という記事だ。 ツナマヨネーズのおにぎりはクラシカルな具材から見れば亜流の新参者だけど、確かに美味しい。世の中に普通に出回るように…

続 シナチク作り

シナチク作りの続きを記す。僕は「竹を発酵加工してラーメンとかに乗せて食べるもの」をシナチクと呼ぶ。そのほうがなんだか中華エキゾチックで美味しいもののように感じるからだ。正しいのかどうか疑問に思うが、広義では「シナチクと称さずにメンマと言い…

モノホンのシナチク作り

もう二週間も前のことだが、シナチク作りを行った。このブログに書いた「筍をつかったもの」ではなく、竹を採ってきて作った本格仕様のものだ。筍を用いた偽物のシナチクを作っている間に、その製法が本来の作り方とは間違っていた事に気が付いた。やはりち…

市民楽団の演奏も終わる

3月くらいから練習に参加をしていた市民楽団の演奏会が本日開催され、満員の来場者のもと無事に開催された。味気のない報告書のように要点を書いてみたが、コレに対しての僕なりの補足とか言い訳をしながら、ライブのことを振り返ってみる。 今年の正月に「…

本日はライブ!

練習においても「人の前でラッパを吹くこと」がとても久しぶりなのだが、今日はライブである。 思い出してみると、僕が観客のいるステージで演奏するのは2007年くらいが最後だったように思う。15年も前のことだから「人前でライブを行った経験」なんて言うも…

次から次へと虫が来る

ベランダ菜園の作物たちが健やかに育っているのだが、これにやって来る虫どもが凄いことになっている。クレソンに黒い青虫(黒いので青虫ではないのだが…)が現れたのは一月くらい前のことだった。青々と茂ったクレソンを遠慮食べるこいつらを、毎朝のように見…

トランペット練習の進捗について

もう5月も終わるので、簡単な算数では「今年のうちの12分の5」が過ぎようとしている。パーセンテージで言うならば、大体42%を過ごしたことになる。 今年が始まる際、正月の休暇の間に「今年こそ取り組もう」と思っていたことがトランペットの練習である。こ…

第一弾のシナチク作りについて

先週、かれこれ10日ばかり前になるがシナチク作りを始めた。これは製法を大きく間違っていた事に気が付いた為、早々に正しい作り方のものを第二弾として仕込んだので、急遽開発援助を止められた「幻の第一弾シナチク」ということになる。シナチクの材料は「…

漬物作りも酣

酣(たけなわ)という言葉を書きたくてこの記事を書くところもあるが、今日は漬物作りに勤しんだ一日だった。この前の記事に書いたシナチクのことは、また別稿に詳しく記したい。今日は本格的なシナチクも仕込んでみたのだが、その他にも辣韮を漬けた。先日、2…

シナチク作りに挑む

去年の夏前くらいのことだが、その頃の僕は自作の中華蕎麦を人に振る舞うのが好きだった。これは「今では嫌いになった」という訳ではないのだが、この半年くらいは中華そばを振る舞うことも滅多にない。その当時、「この中華そばに美味しいシナチクが乗って…

家庭菜園のこと

このところ、このブログに家庭菜園のことばかり書いているのだけど、僕の「オープンに出来る楽しみ」の多くが家庭菜園のことなのだから、この偏りも仕方ないと思っていただきたい。ここ最近の食卓には家庭菜園の収穫物がよく上っている。とんでもないほどに…

雨の休日

「雨の休日」というタイトルでこのブログを過去にも数度書いたことがあるように思う。この週末は曇りだと思っていて、気持ちの良い初夏の気候など端から期待していなかったのだが、朝から雨が降っていた。ゴールデンウイークに農協に出掛けてから数週間、僕…

永谷園という馬鹿会社

5月の中旬に「お茶漬けの日」なんてものが勝手に作られていて、それが一企業の単なる販促活動にだけ利用されていることは去年このブログにも書いた。今年はゴールデンウイークに近所のドラッグストアに行くと、わざわざ「お茶漬けの日を知らせる電子広告」ま…